ヘッダーイメージ
事業概要
土地区画整理事業の名称
さいたま都市計画事業島町西部土地区画整理事業
施行者の名称
さいたま市島町西部土地区画整理組合 
施行地区の位置

本地区は、さいたま市見沼区にあって、JR東大宮駅と東武野田線七里駅を結ぶ約2.6Kmのほぼ中間に位置した面積約40.0haの地区である。
地区周辺では、島町東部地区、深作西部地区、砂地区といった土地区画整理事業による計画的なまちづくりが行われ、良好な市街地環境が形成されている。

施行地区の区域
さいたま市見沼区島町の一部
土地区画整理事業の目的

本地区は、昭和63年3月暫定的に市街化区域から市街化調整区域に編入され、平成15年6月の区域区分見直しにかかる基本方針により、暫定逆線引き制度の廃止に伴い、土地利用の方向性を定める必要性が求められている地域である。
地区内は、従来の農道を利用したミニ開発が行われ、スプロール化が進み、現在は農住混在した地域である。なお、これまで市街化調整区域であったことから、道路や公園及び下水道等の都市基盤施設が不足しており、緊急車両通過困難地域や豪雨時における浸水履歴箇所もあり、安全な生活環境が阻害されている。
また、本地区内には、都市の骨格を形成する都市計画道路大和田深作線、東大宮七里線及び東大宮岩槻線の3路線が計画されているが、未整備であるため、地区及び周辺地域における円滑な都市活動が阻害されている。
このような広域的要請への対応と地区内の安全な生活環境を創出するため、一体的かつ総合的な整備手法である土地区画整理事業によるまちづくりを実施し、健全な市街地の造成を図ることを目的とする。

ダウンロード
事業計画及び平成29年度予算(PDF文書)
平成28年度収支決算書(PDF文書)
設計図(PDF文書)
PDFと表示されているファイルを参照するには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
次のリンクからビューワーソフトを入手できます。

フッターイメージ